読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whistle Life

食と農の話題を中心に、日々の雑感をつづります。

《食農マンガ》まかない君

料理マンガで、出てくる料理を作ってみたいと思わされたら、それは面白いマンガといえます。料理を作らない人に面白いと思わせるのは難しいと思います。

かくいう私も昔は料理なんてほとんどしなかったですから、30歳超えて、料理作るようになって初めて料理漫画の面白さに気付いたわけです。

 

その意味で、この西川魯介さんの「まかない君」は、私のような料理をして来なかったけど、料理始めた人が読むのに最適なマンガです。

料理ができるようになったら、3姉妹と一緒に暮らせてしかも無条件に慕ってくれるようになる、という妄想を十分に広げさせてくれる作品です。

 

まかない君 1 (ジェッツコミックス)

まかない君 1 (ジェッツコミックス)

 

 

 

 

 

お話は、シンプルです。

主人公の浩平が、年上従姉妹3人と同居することになり、毎日ご飯を作ってあげる。

それ以上でもそれ以下もありません。

 

それでも、料理マンガとしての魅力があるのは、身近な食材を使いながらも美味しそうなご飯を作るからです。しかも、普通とはちょっと違う一工夫があり、やってみようかな、と思わせるレシピになっていると思います。

 

調味料だって、だしの素をガンガン使うので、食材にこだわっていう感じじゃない。今日読んで、食材さえあれば、夜はこれにしてみようかな、って思わせるレシピなんです。

個人的にはアジアンチキンライスがツボに入って美味しそうやし、一度やってみたいと思わせる料理だと思いました。

 

そしてこの作品を語る上で、欠かせない魅力(だと個人的に思っている。)は、主人公と従姉妹たちとのやりとりだと思う。

割と単調なコマ割りでセリフが単単と続くのだけれど、たまにゆるくて狙い過ぎないボケ・ツッコミが入ったりするのが、なんとも心地が良いのです。

例えば、一巻の卵料理のくだり。3姉妹同士のご飯の取り合いにならないようのを気遣う浩平の説明の後ろで3姉妹が、あずみや北斗の拳タッチで描かれていたりするのが、ギャップが出てて面白い。

 

また、特に好きなのは、料理の由来をそれっぽく言って、やよいちゃんが信じ込むくだり、浩平君はわりと真面目キャラなのに途中でボケやツッコミが入り、クスリと笑わせる作りになっている。それもギャグマンガではないから、本当に全体の流れの中でさらりと入っているから嫌味でもないんです。

 

日常系として結構よくできている。

本当の意味でこのマンガは終わらない日常を描いていると思いました。

話の中で、弥生ちゃんと浩平がただの仲の良い状態から、微妙に伏線的な演出もありつつ、発展するのかと思いきや、進展しそうであくまでニュートラルを貫く。

でもきっと話の主軸がそこにシフトしたら面白くなくなるんだろうな。変にドキドキしたり、関係性が崩れたら、きっとこうなるんです。

 

メシがまずくなる。

 

毎日同じようにおいしくご飯を食べられるこその日常の愛おしささえ感じられる良作だと思いました。

 

 

《農政ウォッチ》減反政策のゆくえ

 

2018年度、日本のコメ政策の中心であった減反が廃止されることが決定しています。

ここ最近TPPやJA改革などの農業改革が国レベルで議論されています。

今回は、最後の砦で、聖域であり、批判の的にあってきた減反政策についてお話しします。

 

減反政策の是非については、ここではあまり議論しません。

減反というのは、色々調べる中で、単純に見えて実際は複雑で、専門家レベルで様々な議論がされていて、一概に正しい道が何なのかを断定的に書くことは難しい内容だと思っています。

 

それは以下の記事にも表れています。

減反見直しは名ばかりの減反強化であるという記事です。

mainichi.jp

 

減反廃止により浮いた補助金を飼料用米の補助金に回されることで、コメの作付けが減って飼料用米に流れる。零細的小規模経営の農家の温存につながり、本来減反廃止の目的である大規模・集約化の経営体育成の障害になるという指摘です。

貿易摩擦の火種になることも指摘されていて、とにかく減反の影響力というのは多面的に現れるようです。

しかもその影響っていうのはいろんな専門家が指摘していれど、本当に影響されるのか?計り知れない部分もあります。

例えば、上の例で言えば、本当に補助金があるからといって、飼料用米に流れるのかどうかは未知数なのです。

 

減反、ひいては農業政策というのは、かなり重層的な視点で政策が作られており、前提となる情報を整理しながら議論を進める必要あると感じています。

ここでは今回は減反政策について、思想的アプローチから議論すべき論点を捉えたいと考えていきます。

 

減反政策の目的は農家保護?

そもそも減反というのは、コメの生産は厳密に国により管理されてきたのが、高度経済成長を迎える中で、コメ消費量が頭打ち、さらには、食生活の多様化でコメ消費量が減少してきた中で生産量を抑える必要が生じできてきた政策です。

 

普通の市場原理でいえば、生産量が増えれば、価格は減少し、自然と生産量は落ちる。

しかしながら、政府は、農家の経営安定のために、田んぼでお米以外の作物を作ることを転作というのですが、転作を奨励するのに補助金を出していたのです。

 

つまり、減反政策は、日本の農業を守るという以上に、「農家を守る」という性質が色濃く出てしまっているのです。

 

そこが減反政策が批判の的になっている最大の要因にも思えます。

しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。

 

農家には様々な経営体がある

 

「農家を守る」

ここでいう農家とは何なんでしょう?

実は農家にはたくさんのパターンが存在することを常に念頭におく必要があります。

 

① 米専業で米生産だけで食べていく人。

② 米以外にもいろんな野菜と合わせて経営を成り立たせている人。

③ サラリーマン農家(兼業農家)。

④ 自分のところで食べる分しか作っていない農家。

 

これらの農家を一緒くたにして考えることはできません。

①の人は、減反廃止に喜ぶかもしれません。今まで、作りたくても、減反により抑えてきたものを、さらに大規模に取り組めるようになったり、輸出なども積極的に考えたり。

②の人は、米をやめて飼料用米に移るかもしれません。

③や④の人は、補助金をもらえないのなら、米をやめるかもしれません。

 

このように、減反廃止の事実に対する、農家の反応は様々です。それが減反廃止の是非を捉える上で、難しいところだと考えます。

 

減反の廃止は一義的には、農家の大規模化・集約化を促すことです。

その意味で、①〜④の人たちの反応は政策の意図通りかもしれません。

 

でも私はそう単純な話ではないと思います。

 

農業には家業としての農業と稼業としての農業がある。

 

単純じゃないと思ったのは、③や④の人は、本当に米をやめるのか?あるいはやめさせて良いのか?という話です。

農業と他の産業と圧倒的に違うのは、農業は土地に縛られていること、その土地は先祖代々受け継がれてきていること、その土地は不可逆であること。

 

サラリーマン農家は、本当に儲けるために農業をやっているのか?否、農業は儲かりません。もう生活の一部として親の世代から引き継がれているから、やっているのです。

それはマイナス面だけではありません。そのことが農村文化の維持にもつながっている部分でもあります。しかも、農地というのは不可逆です。一度やめてしまうと再度生産可能な状態にしようとすると費用がかかります。

大規模化を推進しようにも、ど田舎の傾斜地では借り手もいません。

 

減反廃止の目的となっているのは明らかに稼業である農業の推進です。

一方で、こういった代々受け継がれてきた家業としての農業が存在する。

これをどうしていくのかを議論する必要があると思っています。

 

何が言いたいかというと、減反の是非を問うのではなく。

今後の農業のあり方、農村のあり方をどうするのか、そのプレイヤー(農業経営体)ごとに議論することこそ必要なのだということです。 

 

FF15レビュー戦闘とストーリーはクソだけどそれでも見捨てられ無い、異質なゲーム その2

さて前回に引き続き、FF15のレビューをお送りします。

前回は主に、戦闘やストーリーについて、わりと酷評してしまったんですが、実は面白い部分もある。というか、戦闘やストーリーがクソという、RPGとしてわりと致命的な欠点があるにも関わらず、その欠点を補ってあまりある評価ポイントがあるのです。

 

それこそ、今までのFF、いや全てのRPGに無かった要素で、本作を異質な体験としている理由になります。

 

それは、オフィシャルにもアナウンスされていますが、本作のテーマでもある「旅」に関する部分です。

この「旅」要素については本当に良く出来ていると思います。

 

この旅のリアルをよく再現しているのは、昼夜の概念です。

昼夜の概念なんて、ほとんど今全てのRPGにあるじゃんというツッコミが入りそうですが、他のゲームでは昼夜の概念がお飾りでしかないのが、そのリアルさへの追求により、本作では旅の本質に機能しています。

 

その旅の本質とは何か?

それは一日の工程立てと宿泊と仲間たちにあります。

 

昼夜のサイクルは結構短く、体感で約40分くらいでしょうか?

夜は極端に視界が悪くなる上に、シガイが出現したりするので、夜の行動はかなり制限され、探索はほぼ無理です。

するとどうなるのか、一日の工程立てが必要になるのです。今日はどうしようか。

特に序盤、新しい場所に行こうとするとファストトラベルが使えないので、車移動で、今日行けるのはここまで、だとか、今日はここで宿泊しようとか。

今日はこのクエストをクリアして終わりにしよう。

ここまで来てモブハントしたけど街に戻れないから、ここでキャンプしよう。とか

 

そのプロセス自体が実際に「旅」の要素と似ていてすごく楽しかった。

 

宿泊時の経験値精算は、その宿泊シーンのリアルさと相まって実感があったし、写真機能も一日を振り返るという意味で良かった。

 

仲間との会話もワンパターン感は否めないけど、オープンワールドで、アンチャーテッド並を求めづらい、仲間とのサブクエストも用意されているので、一緒に旅している感覚を得るのには十分だと思いました。

特に、宿泊時に発生するサブクエストは旅っぽくてどれも良かった。(逆にメインストーリーでの仲間との「ドラマ」は最悪だった。)

普通のサブクエストは、サブクエスト自体に意味はなかったけど、綺麗なマップを堪能できるという意味では、クソミソに言われるほどでもない、と思った。

というか、「またお使い」みたいなメタ的なツッコミもあるから、開発も織り込みだし、全てのRPGはお使いである。

工程立てのプロセスがある分、まだこちら側の主体性がある方だとすら思います。

 

「旅」の体験、充実がエンドにつながっていくのが、極めつけになります。

ちょっとダラダラ書いたけど、このあたりの「旅」要素の作り込みは他に類をみないし、この一点においてはRPGの進化だと思う。

 

 

ただし、今回オープンワールドとストーリー重視のRPGの食い合わせが非常に悪いことも分かってしまったのも正直なところだと思います。

15章が苦肉の策に思えます。オープンワールドは、その意味で成功しているとは言い難い気もするのですが。

 

ただ他に無い旅の体験をした段階で、FF15は嫌いになれないし、この先の地平も見たいと思わせるのです。

 

 

 

 

FF15レビュー戦闘とストーリーはクソだけどそれでも見捨てられ無い、異質なゲーム。

新年あけましておめでとうございます。

 

新年初めは、今更感もありますが,ファイナルファンタジー15のネタバレレビューをお届けしたいと思います。

 

2016年、ゲーム界では一番の大作であるFF15ですが、ネットを中心にかなり酷評を受けていることでも話題になりました。私自身がクリアしての感想は、確かに酷評を受けて然るべしゲームでありながら、正当な評価も受けていないのでは。というアンビンバレントな感情に苛まれてしまう状態になっています。

 

結論を言うと、戦闘もストーリーもクソなのに、総合的な満足度は高いというかなり異質なゲームになっていると思います。満足度もさることながら、ゲーム体験そのものもかなり異質です。そもそもRPGでありながら、戦闘もストーリーもクソということがあっていいのか、という問題もあります。そんなRPGが満足度が高いってどういうこと?

でもクリアした人ならなんとなく共感できる部分があるのではないかと思います。

 

今回はそんな一言で言い表せられ無いこのFF15を紐解いていきたいと思います。

 

語り始めるとかなり長いので今回の記事ではFF15の戦闘とストーリーがいかにクソかということをネタバレ全開でお送りします。

 

戦闘がクソ

戦略性が無い。というのは他のレビューでも見かける内容です。

戦略性こそないにしても、シフトブレイクとか、ボタン押しっぱなしで華麗な攻撃を繰り出せるのは、割と爽快感はあるな、と思ってプレイしてきました。

ただし、中盤から様相が変わってきます。戦略性はともかく本当によく死ぬようになります。正確に言うとHPがゼロになり、PINCH状態になります。

そうなるとポーション類に頼らざるを得ない。PINCH→ポーションの連続になってしまうのです。しかもPINCH状態になる原因が、カメラがゴチャゴチャしてて良く分からないと言う始末。おまけに終盤の敵はなかなか死なない。正直戦略性云々の前に、単にストレスになっちゃってます。

 

あと、育成の観点からも、難ありだと感じました。

一番の問題は、強くなっている感がない。

ゴチャゴチャ戦闘のせいで、新しい武器やアクセサリを手にいれた時の高揚感に欠けます。アビリティも手に入れた時のワクワク感があまりしない。コマンド系のアビリティも使い勝手から、結局いつもの技しか使わないって状況がそうさせている気もします。

きわめつけはボス戦。こんなに緊張感の無いボス戦も無いです。ヒリヒリと1ターンごとに行動を考えさせられるあの感覚はどこへ行った。

とにかくRPGとしての醍醐味が削がれている気がしてなら無いのです。

 

ストーリーがクソ

こちらも多くのところで語られているので、多くは書きませんが、なるほど設定自体は、FFの王道、リアルとファンタジー(魔法やクリスタル)の融合で、独特な世界観を形成していると思います。

ただ、一事が万事、演出のための演出になってしまい、なんだか制作側の都合の良いように、やりたい事、見せたい事だけ見せられる展開の連続で正直萎えた。

展開ごとの繋がりというか、必然性が語られていないため、全てのシーンが唐突に感じられてしまいます。

それは「省略」って言っていいほど良くできたものでなくて、「省略」っていうのは、省略した内容が受け手側が補完出来て初めて「省略」という手法が有効になるわけで、本作のそれは単に説明不足と言わざるを得無い。

イグニスのそれも、プロンプトのそれも、レイヴスのそれも、全て唐突かつ必然性が無いのは、前後が語られてい無いからなのだと思う。

誤解を恐れずにいうなら、設定そのものは間違ってい無いと思う。

なぜならエンディングでは泣きそうになったから。終わりよければ全てよしでは無いけど、エンディングに泣ける要素がある、ということはそれは設定に良い要素があると言えるので。ようは語られ方なんだと思う。

 

それでも擁護派なのは・・・

ここまで酷評しておいて、擁護したいと思うのは、このゲームには別の魅力があるのです。戦闘もストーリーもクソなRPGなのに、別の魅力ってどういうこと?って思われるかもしれません。

しかももっというと、魅力どころかこの地平の先に今後のゲームの未来も見えるような気がするのです。そしてその部分について、私はFFを見捨てきれない部分でもあるのです。

というわけで、「褒める」部分は次回にまた更新したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《料理奮闘記》イタリアン筑前煮?で寒波を乗り切る!

何だか久しぶりにラタトューユ的なものを食べたくなりました。

 
でも今は冬。
冬どころか強烈な寒波です。我が家になすはおろか、ズッキーニなんてあるはずありません。。
 
あるのは、寒波予報で3日間分の備えをと言われて、大量に買い込んだ根菜類。
里芋、大根、人参、ごぼう。。
 
でもわたくしのバイブルのひとつ、常備菜に根菜のトマト煮込みの記事発見!
根菜のトマト煮込で、ほっこりして寒波を乗り切ろう!と思い立ったわけです。
 

 

 
レシピではベーコンを使うとあったけど、冷蔵庫にあったのは、鳥のもも肉。
よし、トマトとも合うし、チキンのトマト煮にしよう。
 
ん?
 
ここであらためて、食材をみてみると。。。
 

 
 
これって筑前煮じゃん!?
味付けがトマトだから、さながらイタリアン筑前煮かな。
 
 
ってか筑前煮ってそもそもなんなんだろう。
 
調べてみると、筑前煮は、九州北部の筑前地域の郷土料理。
煮る前に、油で炒めるのが他の地域にはない独特の料理らしいです。
なるほど、筑前って地域名だったんですね。
 
 
ん?
 
 
ということはイタリアン筑前煮なんて言ったら、ジャパニーズミラノ風ドリアって言ってるみたいなもんか。
 
とかいって。
 

 

 

常備菜

常備菜

 

 

 

《料理奮闘記》鶏のせせりって希少品だったんだ。

今日は鶏せせり肉を生協で購入したので、それを使った料理。

生協でも美味しいと人気の商品です。

恥ずかしながら「せせり」は「ささみ」と語感が似ていることから、なんか淡白であまり美味しくないのかなぁと思っていたら、なんと首の肉を使っていて、希少部位で、身の締まりもよければ、脂身ももも肉よりも多いとのこと。

なるほど。

 

国産鶏せせり塩焼用|商品のご案内|ココロ・ワ 〜生活協同組合 CO・OPとやま〜

 

 

今回はその素材の味を味わうこともあり、ねぎと一緒に塩焼きにしました。

そう、「ねぎま」に代表されるように、ねぎと鶏肉も相性が良いですんね。鶏肉の臭みをねぎが決してくれるんだとか。

鶏肉ではないけど、鴨ねぎなんて言葉もあったりします。

ねぎは九条ねぎ使用。寒くなり、霜が降りるようになるととろみが出て美味しくなります。

 

 

 

今回は黒胡椒で最後味付けしました。

 

 

《農政ウォッチ》農政新時代は新しいのか

昨年のTPP大筋合意、そしてそれに続く小泉進次郎自民党農林部会長への抜擢からのTPP関連政策大綱が取りまとめられたのは、記憶に新しいところです。

 

そしてまとめられた大綱を基に、

農政新時代〜努力が報われる農林水産業の実現に向けて〜と銘打ち、農林業関連のTPP対策が示されました。

今回はその中味を少し見ていきたいと思います。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tpp/pdf/nousei_sin_ph.pdf

 

 

 

まず、大きく分けて二つに示されています。

 

攻めの農林水産業への転換

経営安定・安定供給への備え

 

正直、初見の感想としては、農政新時代という割には、既存の農政路線の延長であるのかな、という気はしています。

また、攻めの農林水産業への転換と経営安定・安定供給への備えというのは本来両立させるべきものなのかという疑問が湧きます。結局、総華的な対策になってしまうのではないかという懸念があるからです。

とはいえ政策のマインドとしては、意欲ある経営感覚を持った担い手の支援ということが重視されており、その部分は評価できます。

 

それでは一つ一つ見ていきたいと思います。

1.攻めの農林水産業への転換

この項目では、次世代を担う経営感覚に優れた担い手の支援、国際競争力のある産地イノベーションの推進等が挙げられています。

基本的には、大規模化や集約化による生産コストの削減や金融支援による投資意欲の向上策と捉えることが出来ます。

これらは従来路線からは多く外れたものではありません。このことはある意味、TPPの締結の有無に関わらず、日本の農業が検討すべき方向性であることが伺い知れます。

 

TPP対策として、より関係が深いのは輸出やインバウンド関連の対策でしょう。

これらについてもこれまでから取組自体はなされていたものですが、今回目標を前倒しにするなど意欲的に取り組む旨が記載されています。

 

一方で最も直接的と言える対策は

2.経営安定・安定供給への備え と言えます。

これはかなり、貿易・関税の専門的な知識も必要とされることからここではあまり説明はしませんが、基本的にはTPPによって懸念される価格低下について、補填するような内容となっています。

この辺りは、1.攻めの農林水産業への転換では意欲ある経営感覚を持った担い手を支援するものである一方で、農業者全体の支援とも取れるでやや総華的と言える部分だと思われます。

 

とはいえ、米については、従来的な経営所得安定対策などの直接所得補償の制度が前面に出ていない点で、バラマキ批判は当たらず、サブタイトルにもあるような「努力が報われる農林水産業」という精神が随所で見て取れることが出来ます。

 

今後の検討事項も時期も含めて明記されていることから、今後の動向を注視したいと思います。