Whistle Life

食と農の話題を中心に、日々の雑感をつづります。

マンガ

《漫画にみる食と農》今回も幅広いジャンルが描かれる美味しんぼ9巻レポート

美味しんぼ9巻レポートです。 今回もハンバーガーから佛跳牆まで、幅広い料理が描かれます。ちょっと粋なオチのある人情ものエピソードも多く、美味しんぼらしさが詰まった巻と言えます。 日米味対決のエピソードでは、アメリカ人だからといって日本食の味…

《マンガにみる食と農》食の本質を追求するテーマがよく出ている美味しんぼ8巻

美味しんぼ9巻感想レポートです。 美味しんぼは基本1話完結ですが、8巻くらいから、各エピソードが2話、3話とまたぐようになってきました。 漫画では良くある展開ですね。 美味しんぼ9巻の特徴としては、いつもの料理や食材に関するうんちくは少し息を…

《マンガにみる食と農》トマトや豆腐に関して良質なうんちくが豊富な美味しんぼ7巻

美味しんぼ7巻の感想レポートです。 7巻は、トマトや豆腐などについて、いつも以上にうんちくが洗練された回でした。 国際目玉焼き学会などといった今までにない感じのエピソードや、シリーズ初の1話完結でないエピソードの導入など、結構読み応えのある…

《映画にみる食と農》にがくてあまい ゲイ✖️野菜(?)の異色のラブコメ

野菜を前面にフィーチャーした漫画原作の映画「にがくてあまい」について感想レポートします。 同性愛者かつ菜食主義者で野菜料理が得意な男子高校生・片山と野菜が嫌いな江田マキ、そんな対照的な二人が次第に仲を深めていくラブ・コメディ(?)ですら、 …

《マンガにみる食と農》美味しんぼ第6巻。海原雄山との対決スタイルが確立!?

美味しんぼ感想レポート。第6巻です。 第5巻の最後、海原雄山にやり込められ、本作のゴールである「究極のメニューづくり」へのやる気に火がついた山岡ですが、6巻に入ると、もう少しいつもの雰囲気に戻って、いつもの1話完結になります。 その中でも気にな…

《マンガにみる食と農》海原雄山との対決が熱い美味しんぼ第5巻

美味しんぼ (5) (ビッグコミックス) 作者: 雁屋哲,花咲アキラ 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1986/05 メディア: コミック 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (5件) を見る 今回は、ストーリー的に少し展開がありました。普段はぐうたらで、競…

《食農マンガ》まかない君

料理マンガで、出てくる料理を作ってみたいと思わされたら、それは面白いマンガといえます。料理を作らない人に面白いと思わせるのは難しいと思います。 かくいう私も昔は料理なんてほとんどしなかったですから、30歳超えて、料理作るようになって初めて料…