Whistle Life

食と農の話題を中心に、日々の雑感をつづります。

《料理奮闘記》イタリアン筑前煮?で寒波を乗り切る!

何だか久しぶりにラタトューユ的なものを食べたくなりました。

 
でも今は冬。
冬どころか強烈な寒波です。我が家になすはおろか、ズッキーニなんてあるはずありません。。
 
あるのは、寒波予報で3日間分の備えをと言われて、大量に買い込んだ根菜類。
里芋、大根、人参、ごぼう。。
 
でもわたくしのバイブルのひとつ、常備菜に根菜のトマト煮込みの記事発見!
根菜のトマト煮込で、ほっこりして寒波を乗り切ろう!と思い立ったわけです。
 

 

 
レシピではベーコンを使うとあったけど、冷蔵庫にあったのは、鳥のもも肉。
よし、トマトとも合うし、チキンのトマト煮にしよう。
 
ん?
 
ここであらためて、食材をみてみると。。。
 

 
 
これって筑前煮じゃん!?
味付けがトマトだから、さながらイタリアン筑前煮かな。
 
 
ってか筑前煮ってそもそもなんなんだろう。
 
調べてみると、筑前煮は、九州北部の筑前地域の郷土料理。
煮る前に、油で炒めるのが他の地域にはない独特の料理らしいです。
なるほど、筑前って地域名だったんですね。
 
 
ん?
 
 
ということはイタリアン筑前煮なんて言ったら、ジャパニーズミラノ風ドリアって言ってるみたいなもんか。
 
とかいって。
 

 

 

常備菜

常備菜