三児の父はスキマ時間でカルチャーライフ フロム京都

三児 レイ アスカ シンジを育てながら、スキマ時間でカルチャー情報を発信。働き方改革時代の心豊かな生活をお届けします。

シンジくんの二週間健診 病院に行くのも残り僅かと思うと少し寂しい

今日はシンジくんの2週間健診。

わりと順調に育っている感じがするので、そんなに心配はしていませんでした。

 

予想通り、頭が大きいのか、体重は4.5kgと大きめ。授乳量も日割すると、66gと、レイちゃんの50gを越えるハイペース。

検診の授乳相談でも、その場で115g飲んで、助産師さんを驚かせたとか。

出産直後よりも、肉付きがよくなって見た目にも変化が出てきました。プニプニとしたお肌が心地よいです。

 

その後は産婦人科へ。

こちらも経過は順調。出産時にお世話になった助産師さんへ挨拶。

私自身の今回の出産の関わりは、上の娘二人の面倒を見てたので立ち会ったのは産まれるほんと直前だったけれど、助産師さんははじめから最後までつきっきりで、がんばんってくれたのだから妻の彼女へのの想いは格別なのでしょう。

 

レイ、アスカ、シンジの三人のお産でお世話になった病院。もうおそらく今回で最後になります。

産後、お見舞いのために車を走らせたことは、それ自体は大した価値のない体験だけど、道中不安とか緊張とか喜びとか悲しみとか、本当にたくさんの感情を抱いてた。通い詰めた病院も最後と思うとやはり込み上げてくるものがあります。

心の中で感謝して家路へと向かいました。

 

 

さて、翻ってレイとアスカですが、二人とも三人目に関心が高く沐浴は見学したがるし、抱っこもすごくしたがります。

特にレイの方は長女としての自覚があるのか、今回は赤ちゃんかえりはありませんでした。

アスカの方は、結構シンジくんのこと若干オモチャと思ってる節あります。

頭を撫でているようにみえて、第一関節を立ててゴリゴリとして泣かせたりとか、ものすごく至近距離でシンジくん凝視したりと不思議な行動を笑

しかも赤ちゃん返りも激しくて、抱っこ要求や母親によくしがみついてます。

絵に描いたような赤ちゃん返りで微笑ましく思ってます。

 

f:id:mqchaso:20180925205903j:image