三児の父はスキマ時間でカルチャーライフ

仕事も趣味も育児も妥協しない。週末菜園家が、三児の子どもたちを育てながら、家事と仕事のスキマ時間を創って、映画や農業で心豊かな生活を送るブログ

スキマ時間

3児の父がiPhone12 Pro Maxを選ぶ理由

バリエーション豊富で迷う12シリーズ 重要なのは画面の幅 カメラ機能の大幅な進化 所有欲を満たす 先日iPhone12シリーズが発表されました。 今回は、12/12pro/12mini/12pro maxの4機種で、12/12 pro はすでに発売が開始されています。 私が現在使っているi…

自分だけの帰宅アナウンスをつくろう

我が社では、夜22時になると帰宅を促すアナウンスが流れます。 これを聴くと、どんなに忙しくても、「今日のところは一旦帰ろう」と帰宅の準備をはじめることになります。 近頃は、毎日のようにこんな状態です。おかげで、ブログも更新できていない日が続く…

連休中は不安の種に水をやろう

「このままではマズいですよ。」 連休前、金曜日の夜、管理部門の社員が言った言葉は、連休の間、ずっと私の頭に残っていました。まるでそれは頭の中のシコリのようでした。 私が進めている事業の進捗が思わしくなく、スケジュールの遅れが決定的になってい…

ブログをはじめた理由

「もきゅちゃそさんの人生順調ですね。」 三人目の子供ができた時、職場の後輩に言われた言葉です。 就職し、2年目に結婚。 結婚して、1年後に第一子誕生。 その後、6年の間で昇進も果たしながら、第二子、第三子も生まれる。 確かに、はたから見れば私の人…

家事は分担するものでなく減らすものだ

このブログでは、育児も仕事も趣味も妥協しない暮らしの提案を掲げています。 そのエッセンスについては、先のブログ記事にて少し紹介しました。 イクメンでなくデキる男を目指そうと思った理由 - 三児の父はスキマ時間でカルチャーライフ 今回は、実践編で…

絶望の嵐から立ち直った話

絶望の日々 救いになったのは天狼院書店のゼミ 見えた一筋の光 絶望の日々 この2週間、いや3週間は、私にとっては、絶望の嵐でした。 仕事の業務が多忙を極めていたのです。 帰りが日付を回ることも多く、平日は子供たちに会うこともできない。 自分の時間…

子育て中の読書は電子書籍よりも紙の本が良い理由

スキマ時間の読書に電子書籍は必須ツールだと思ってた それでも紙の本を見直すようになった理由 電子書籍には誘惑に溢れている スマホの中にあると存在を忘れる 私は現在3人の子供を育てています。 育児も仕事も趣味も妥協しない。スキマ時間をみつけては趣…

イクメンでなくデキる男を目指そうと思った理由

妻から言われた言葉にショック 育児は参加するものではない 育児も仕事も趣味も全うするには デキる男の実践方法 妻から言われた言葉にショック 「あなたって仕事が出来ない人なんだね。」 子育て中、妻に言われた中でも一番ショックだった言葉です。 私は世…

本屋に学ぶ情報整理術

本屋は情報の海 自分オリジナルの本屋をデザインしよう ジャンルや分野に拘らない情報整理術 名前で整理 重要度で整理 本屋は情報の海 私は本屋が好きです。 本屋に行くと、未知への興味が刺激されるからです。 ついつい買う予定になかった本まで、読む時間…

洗濯乾燥機は、洗濯機と乾燥機別々に買った方が良い理由

働く親にとって、いかに家事の時間を減らすか、頭を悩ませる問題だと思います。 我が家も、三人の子供を育てながらの仕事をしていますが、大変です。 今も、家族が寝静まっている、このわずかなスキマ時間を狙ってブログを書いています。 スキマ時間を作るた…

ストレスの中でもブログを書き続ける方法 ー 言われたくない言葉を浴びせられた夜に ー

最悪ブルーなGW直前 「誰が責任を取ってくれるんだ!」 「わ、私です。」 休日前に取引先とこんな電話をしてしまって、最悪ブルーな状態でこの記事を書いています。 取引先からの要望数分、用意することが出来なかったのです。 要望分用意出来なかったことは…

ブログ記事を続けるには家庭と仕事の分離が大事ーワーク・ライフ・スプリット

「え!?嘘。まさか私が?」 今の職場での経験は二年。 まさか二年で部署異動になるとは思っていなかったので、思わず声を上げてしまいました。 しかも、異動先は忙しい部署です。 でも、異動の連絡を受けた時、仕事の心配よりも、別の心配が心をよぎりまし…

読書というパズルをKindleの画面読み上げで攻略する

読書とは、パズルを組み立てる作業と考えることができる。 読書をパズルとするなら、文やパラグラフは、パズルのピースである。 ピースである文と文、ピースのかたまりであるパラグラフとパラグラフの繋がりを理解することで、一冊の本の全体像が見えてくる…