読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whistle Life

食と農の話題を中心に、日々の雑感をつづります。

《菜園日記》スナップエンドウの冬越し

 

 

久しぶりの園芸ネタです。

実は少し前から市民農園を借り始めたのでその報告を少し。

とはいえ、10月から借り始めたので出来る品目は結構限られてて、

 

ホウレンソウ

 

ソラマメ・エンドウ

 

ナバナ

 

あとこれからタマネギを植えようかなと思っているくらい。

 

今日の作業は、エンドウ・ソラマメの冬越しのために、不織布をトンネルがけしてみました。初めてのトンネルなので風で飛んだりしないか不安。。。

 

エンドウ・ソラマメは耐寒性が強いので小さい状態で冬を越して、春先の収穫を目指します。今年は結構あったかい日が多かったので冬越しをする前に結構大きくなっているものも多いみたいです。(周りを見てると。)

 

大きくなってしまうと、寒さに弱くなって冬が越せなくなるみたいなので結構種まき時期が重要になります。

 

それだったら、春になってから種を撒けば良いとも思うのですが、実は

エンドウの生育適温は15ー20度で実はあんまり暖かいのが得意ではないのです。

春に蒔いてしまうと、花をつけて、実が出来る頃にはかなり暖かくなってしまうわけですね。それでエンドウというのは秋まきで翌春収穫がほとんどなんですねー。