三児の父はスキマ時間でカルチャーライフ フロム京都

三児 レイ アスカ シンジを育てながら、スキマ時間でカルチャー情報を発信。働き方改革時代の心豊かな生活をお届けします。

Netflix シェフのテーブル シーズン5-1 過酷な人生を繋ぎとめたのは家族と故郷の味でした

Netflix シェフのテーブルシリーズ。

料理がとても美しくて見入ってしまうオリジナルドキュメンタリーです。。プロデューサーは次郎は鮨の夢を見るのデヴィッド・ゲルブ。

めちやめちゃオシャレなプロジェクトエックス。

 

f:id:mqchaso:20181006143635p:image

 

シーズン5の第1話は、メキシコの伝統料理 バルバッコア を提供するシェフ クリスティーナ・マルティネス。アメリカのトップ10レストランにも入ったフィラデルフィアのタコス店のシェフです。

 

シェフのテーブルシリーズ史上最も過酷な人生

彼女の人生は、これまで紹介されてきたシリーズの中でも最も過酷であったといえます。

メキシコで生まれた彼女。

DVと貧困、そしてアメリカへの密入国

命からがらアメリカの国境を渡るシーンは、再現シーンではないのだけど、彼女の語りと映し出される国境付近の延々と続く砂漠のシーンから彼女の経験した地獄を追体験させられます。

そんな過酷な環境で育った彼女をつなぎとめたのは、家族と故郷の味でした。

 


彼女の壮絶な人生の背後にはいつも家族があり、そこには伝統の料理があった。その意味で彼女がバルバッコアを作るのは必然です。

 

メキシコの伝統料理バルバッコア

バルバッコアは非常に手間のかかる料理。メキシコの伝統料理。穴の中で調理するんだけど、子羊の肉を頭から胃腸まで足まで全部使います。オレンジをかけ、マゲイの葉を被せて蓋をし、八時間以上、炭火にかけます。

アメリカでバルバッコアが受け入れられたのは、その料理には彼女の魂がこもっているからだと思いました。

 

料理人としての成功移民者としての活動


そして料理店での成功が、社会への問題提起へと繋がっていきます。彼女は移民として、立場や権利の獲得に活動するのです。映画のような話だけど、それがドキュメンタリーだからすごい。シーズン5のこのタイミングで、このエピソードが入るのは、今の時代を反映しているとも感じました。

 

 

 

 

完璧に作り込まれた世界と犬が可愛い、犬ヶ島感想

映画を観るときの鑑賞ポイントは人によりまちまちだと思います。

ストーリー、役者の演技、アクションなどなど。

私はその中でも脚本の面白さを重視します。結構脚本家の名前で観る映画を決めたりもするぐらいです。

 

完璧に作り込まれた絵づくり

 

ストーリー面では「犬ヶ島」は少しばかり退屈と言えるかもしれません。

しかしながら、「犬ヶ島」にはそれ以上に映像の美しさで魅せる映画です。

完璧に作り込まれた世界観と言っても良いかもしれません。

監督は「ウェス・アンダーソン」。シンメトリーな画作りなどその映像のアート性に高い評価を得ている監督です。

前作「グランド・ブタペストホテル」でもその才能がいかんなく発揮されていました。

実写でありながらどこかアニメであるかのような役者たちの動き。ホテルの外観、内装など凝りに凝られた美術や色使いなど、様々な要素が非日常な日常を演出します。

 

犬ヶ島は、前作よりさらに進化しています。実写からストップモーションアニメになったことは大きいです。ワンシーンワンシーンすべて監督の思いを載っけられるからです。実写のような揺らぎがありません。

実際、本作の映像の作り込みは狂気すら感じます。ストーリー自体のテンポが良いため、一回の鑑賞ですべてを味わい尽くすことは出来ないです。

 

研究所のシーンとか、犬たちの喧嘩などボコスカのシーン細かいところに目を凝らせばそれだけの発見があります。ストーリーの大筋はシンプルなので、映像をみているだけでも楽しめる作品です。

 

日本と犬独特の世界観

世界観そのものも非常に独特で味わい深いものになっています。

まずは舞台が日本になっていること。

舞台が日本になっていながら、それは見慣れた世界ではありません。「ウェス アンダーソンによって解釈された日本」です。

年代は昭和の雰囲気もありますが、テクノロジーは発展してるし、一方で市役所の建物は神社風であったり、構成要素そのものは日本でありながら、そこで作られている世界はやっぱり独特のものなのです。

 

そのディテールは素晴らしく、相撲のシーンとか寿司のシーンとか、日本の美しさが表現されています。それは時に過剰ですらあると言えます。

 

しかしながら、日本の精神性も皮肉にも再現されています。やや誇張された表現ですが、実質一党独裁にあり、多様な言論が許されないような空気が描かれているように思います。

 

そしてもう一点本作を特徴づけるのが、やはり「犬」でしょう。

まず、「犬自体」の作り込みがすごい。毛並みひとつひとつが立っていて、生きているよう、動く姿は本当にキュートです。

 

そんな可愛い犬たちが織り成す会話も面白いですね。妙に大人びた感じがギャップがあって、いつまでも会話を聞いてられます。

このあたりは声優さんたちの力もあるように感じます。

特にナツメグとチーフのシーンは、非常にムーディーで「大人な映画」を観ている感覚です。実生活でもこんなやりとりしてみたいという、「憧れ」の対象にすらなるという。まさか「犬」映画のワンシーンに憧れるとは思いませんでした。

ナツメグの声がエロいと思ったら、ハリウッド女優のスカヨハでした。

 

また声優でいくと、少年アタリの声も特徴的でした。

ランキン・こうゆうさんというハーフの方が声優をしているようです。朴訥ながら、底に感じる熱い思いが心を揺さぶります。ストーリー展開が淡白なのに、要所要所のセリフで人の心を動かすもいうのはなかなか出来ることではありません。

 

映像づくりという意味では本当に唯一無二の存在もいえるウェス・アンダーソン。存分に楽しませていただきました。

あ、音楽も良かったなぁ。

 

 

 

 

 

シンジくんの二週間健診 病院に行くのも残り僅かと思うと少し寂しい

今日はシンジくんの2週間健診。

わりと順調に育っている感じがするので、そんなに心配はしていませんでした。

 

予想通り、頭が大きいのか、体重は4.5kgと大きめ。授乳量も日割すると、66gと、レイちゃんの50gを越えるハイペース。

検診の授乳相談でも、その場で115g飲んで、助産師さんを驚かせたとか。

出産直後よりも、肉付きがよくなって見た目にも変化が出てきました。プニプニとしたお肌が心地よいです。

 

その後は産婦人科へ。

こちらも経過は順調。出産時にお世話になった助産師さんへ挨拶。

私自身の今回の出産の関わりは、上の娘二人の面倒を見てたので立ち会ったのは産まれるほんと直前だったけれど、助産師さんははじめから最後までつきっきりで、がんばんってくれたのだから妻の彼女へのの想いは格別なのでしょう。

 

レイ、アスカ、シンジの三人のお産でお世話になった病院。もうおそらく今回で最後になります。

産後、お見舞いのために車を走らせたことは、それ自体は大した価値のない体験だけど、道中不安とか緊張とか喜びとか悲しみとか、本当にたくさんの感情を抱いてた。通い詰めた病院も最後と思うとやはり込み上げてくるものがあります。

心の中で感謝して家路へと向かいました。

 

 

さて、翻ってレイとアスカですが、二人とも三人目に関心が高く沐浴は見学したがるし、抱っこもすごくしたがります。

特にレイの方は長女としての自覚があるのか、今回は赤ちゃんかえりはありませんでした。

アスカの方は、結構シンジくんのこと若干オモチャと思ってる節あります。

頭を撫でているようにみえて、第一関節を立ててゴリゴリとして泣かせたりとか、ものすごく至近距離でシンジくん凝視したりと不思議な行動を笑

しかも赤ちゃん返りも激しくて、抱っこ要求や母親によくしがみついてます。

絵に描いたような赤ちゃん返りで微笑ましく思ってます。

 

f:id:mqchaso:20180925205903j:image

ワンダーウォール 渡辺あやさんの新作ドラマは青春の心を揺さぶる傑作でした

何を隠そう、私は京都大学出身です。

同時に渡辺あやさん脚本のドラマや映画はどれもとても大好きでもあります。

池脇千鶴と妻夫木くんの関係が痛ましいジョゼと虎と魚たちや、田中泯の存在感がすごいメゾンドヒミコ、ナチュラルな演技で震災被害者のリアルとその一夜を描いたその街の子ども。

渡辺あやさんの脚本は、どの作品も良いとか悪いとか、正しさとか間違ってるとか、はっきりと白黒を付けません。ステレオタイプな価値観に揺さぶりをかけるような、セリフ回しにハッとさせられるのです。

 

 

そんな私が、彼女の新作ドラマ「ワンダーウォール」を見ないわけがありません。BSプレミアムで放送されているのは知ってましたが、衛星契約してないので、なくなく見逃しました。

今回地上波で再放送ということで、鑑賞です。

またもや大傑作です。

 

物語は、京宮大学の近衛寮の老朽化について、建て替えをしたい大学側と存続を訴える学生たちの対立を描きます。モデルになっているのは、京都大学吉田寮の対立そのままです。

この設定だけきくと、学生たちが、巨大権力に対していかに立ち向かっていくかの話を想像するかもしれませんが、ここは渡辺あやさん、主題は別にあります。

大学との対立というのはあくまで舞台設定で、その抗議活動の中で学生たちが何を想い、どうたち振る舞うかという非常にパーソナルな感情の部分に焦点が当てられます。

 

序盤はそれぞれの登場人物の視点からそれぞれ寮に対する思いの独白が描かれます。

徐々に浮き彫りになっていく学生間の温度差や学生たちの迷いなどが物語の厚みを生み、その重厚さに圧倒されていきます。

 

「ある日の一夜」を描いていることもプラスの作用をもたらしています。

この物語はある学生自体寮の話であると同時にすべての学生たちの話です。誰しも夜を徹して仲間と語りあった経験はあるんではないでしょうか、この語りこそが学生の本分であり、吉田寮にはそれが凝縮されているのだと思います。

この語りが、夜明けシーンのカタルシスに繋がります。あぁ、あったわ、わたしにもこんな青春が、と。

 

そしてラストはさらに、学生たちが置かれた境遇や気づきに思いを馳せることになります。

寮生たちが存続を訴える理屈の1つでもある伝統と文化という100年を越える歴史。

一方で登場人物である三船は4回生。2014年に吉田寮に惹かれ、2018年に吉田寮が幕を降ろす。

吉田寮自体は長い歴史を持ちますが、そこで暮らす学生たちは基本4-6年の間の話です。

 

このことは、吉田寮の歴史や文化が、連綿と学生に受け継がれてきた事に感服させられると同時に、学生個人の人生で見たときにあまりに刹那的であることに気付かされます。

そのことが、どうしてこんなにも悩み苦しむことになるのだろうか、という三船の言葉の背景にあるのではないだろうかと考えます。

 

単に大学は悪や理不尽だけに着地しない結末に渡辺あやさんの物語に感心させられるばかりなのです。

 

京都発地域ドラマ「ワンダーウォール」|NHKオンライン

 

 

 

 

 

 

 

デッドプール2 安定のR15のヒーロー物語

 

デッドプール2がレンタルが開始されています。

 

デッドプールは、マーベルコミックスのヒーローですが、アメコミの中ではかなり異端の存在です。映画の途中で「この脚本良くないよね」とメタ発言をしたり、観客に向かって話しかけるいわゆる第四の壁を越えるキャラクターです。

不死身の設定と軽口や小気味が良いアクションと相まって、前作では肩の力を抜いてみれる、それでいてちょっとした感動もある傑作でした。

 

本作では特に映画ネタがとても多くて、元ネタ分からないのもありましたが、あまり気にはならなかったです。

今回敵役であるジョシュ・ブローリンを指して、サノスと呼びかけるのには笑いました。

レーベルの枠を超えてあらゆることをネタにする精神はデッドプールの特長です。

 

また、意外なのがストーリーが骨太でたるのと。前作では、ラブストーリー、今作では差別や家族愛といった具合に、毎作テーマ性を持たせているのも特徴です。

しょうもないギャグの連発だからこそ、語られるテーマも変に感傷的にならずに飲み込めます。

 

前作との比較でいくと、笑いやギャグの頻度は今作の方が多いですが、前作の方がネタ的には面白かったですかね。

特にあのコロッサスやウォーヘッドとのかけあいのような爆発力が今作には無かったかなー。

この辺りは完全に個人の感想ですが。

今回全般的に仲間とのやり取りが薄めなのも残念でしたかね(前作で語ってるからかもしれませんが)

 

やや辛口な書きぶりでしたが、アメコミ乱作でマンネリも危惧されるなか、R15のヒーローものとして安心してみられる良作だったと思います。

 

Netflix マインドハンターエピソード2までの感想。使い古されたテーマながら会話劇中心の良質なドラマ。

Netflix オリジナルシリーズのマインドハンター

 

シーズン1 のエピソード2つを観たので感想を。

デヴィッド•フィンチャーシリアルキラーの犯罪プロファイリングを扱った作品ということで、これは見逃せないと思いながら、何となく忙しい日が続き観れておらず、ようやくエピソード2つ観ることが出来ましたので、感想を。

 

 

まず、物語としてシリアルキラーが登場するにも関わらず、お話の進み方は、特にサスペンス性があるわけでもなく、淡々としています。なんなら会話劇と言ってもいいくらい、物語の展開は少ないです。

 

正直はじめの3、40分、、これこんな話だったんだと困惑するほどです。

これは殺人事件そのものよりも、「犯罪心理プロファイリング」という手法そのものに焦点を当てたドラマだったのです。

 

そうなると、「犯人探し」「先の読めない展開」といったこの手のジャンルに期待する要素が少ないので、肩透かしと言うとそう言う訳でもありません。デビッドフィンチャーらしく、会話劇やプロジェクトX的な展開を楽しむことが出来、そのあたりは流石だと言えます。

 

まず、会話劇。展開が少ないので、ともすれば退屈とも捉えられそうな会話シーンも、良く計算されてできています。

例えば主人公と恋人同士の会話。それ自体が、本作のテーマである「プロファイリング」のようになっていて、独特の緊張感があります。

また、エピソード1における恋人との「出身の話」や「現在の関係を問う話」が、後で効いてくるあたり、構成が上手くできていて、何度も見返して深読みしたくなります。

 

 

羊たちの沈黙」をはじめ、今では「当たり前」の存在になっているプロファイリング。使い古されたテーマながら、その黎明に焦点をとっているので逆に新鮮です。

 

たとえば、シリアルキラーなどの殺人者の行動や動機を理解することは諦められている感じ。彼らはあくまでイカれた存在。

犯罪プロファイリングを映画を通じて経験してきた私たちからすればこそ、、主人公が理解しようとすることは「正論」にも聞こえるのでしょう。

 

エピソード2までは、静かに展開してきました。

ここから大きな展開があるのか、今後も注目の一作です。

 

シンジくん生後1週間 上の子たちの反応や如何に

第三子が産まれて、1週間経ちました。

退院して3日が過ぎてようやくリズムが整ってきた感じ。そうか、昨日のブルーな記事の根幹にあるのは、生活リズムの乱れというのもあったのかもしれないと気づく。

そういえば、妻の入院中、仕事と上の子の世話など毎日その日の段取りを考えて、神経使ってたなぁって思う。

 

 

昨日の記事では、肝心の子供のこと全く触れられてなかったので、ちょっと反省、てなわけで紹介。

第三子は男の子シンジくん(仮称)で、体重約3,800gの巨大児。

流石に三人目ともなると、育児であたふたとすることもないかな。というか、この時期新生児だから、乳飲んで寝て、おしっこして、うんこしての繰り返し。

起きてるときに見せる仕草が可愛らしい。

例えばあくび。あれだけ寝てるのにまだあくびするかっていう。あとは、お乳を求めて、口をパクパクさせるとか。でもその仕草は、上の娘の経験からか懐かしくもあります。お姉ちゃん二人とどこが似てるとか、似てないとか話すのが、また楽しい。

 

赤ちゃんが生まれてからの、上の娘二人の反応も楽しいです。

一番上の娘レイはすっかりお姉ちゃん。

弟くんの面倒みようと張り切ってます。

弟くんを抱いたときの主張し過ぎない笑み、はまるで慈母。母性を感じさせる、おそるべし5歳児。

 

一方下の娘アスカは、まだまだシンジくんはオモチャの対象かというくらいの扱い。

可愛いとか言いながら、高速でグイグイ頭をこする姿に、父母同時に「優しくしてあげて」と総ツッコミです。

それでも、生まれた直後はまだ受け入れられないのか、あまり赤ちゃんに近づきたがらなかったことを思えば、だいぶ興味持ってきたかなって。

 

シンジくんが生まれて二人がどう変化していくか今から楽しみです。

 

っていうか、ようやく子どものことゆっくり書けるようになってきたなぁ。

 

【今日の教訓】

生活の乱れは自律神経の乱れ