Whistle Life

食と農の話題を中心に、日々の雑感をつづります。

《映画にみる食と農》巧みに取材された農村のリアル!細田守の感動大作おおかみこどもの雨と雪

 

 

見終わった後、じーんといつまでも心に余韻が残り続ける大傑作です。

今をときめく細田守監督の感動作です。

 

しかしながら実はこの映画、ものすごく絶妙なバランスの映画です。

一歩間違えれば完全にキレイゴト映画ですし、この映画に対する批判の多くはそういう部分、つまり、美化されたストーリーにあるのではないかと考えています。

 

入念な取材によち裏打ちされた農村のリアル

ここでは<映画における食と農>という記事になるので、この映画の農村風景がメインで描写される、田舎に引っ越した後から小学校入学前くらいのシーンを中心にみていきたいと思います。

ただ、正直このあたりの農村描写自体も美化されすぎていると指摘がある部分ではあります。つまり、こども二人(しかも半分おおかみ)を抱えたシングルマザーが身寄りのない田舎にイキナリ引越し、こんなに上手く行くはずない。ご都合主義だ、と。

 

まず、私個人の意見としては、確かにキレイゴトだと思われる微妙さはあるけれども、おそらく入念な取材により、裏打ちされているであろう農村のリアル表現とロジカルなストーリー展開、演出によって、見事にバランスを取りきっていると考えています。

 

実際にいくつか見ていきましょう。

① 人里離れた廃屋に住むか?

 普通イマドキの若い子はこんな人気のなくて蜘蛛や蛇が出てきそうなおどろおどろしい廃屋に住まないでしょう。

 というツッコミについては、物語上の必然性で以って回答できます。

 なんと言っても主人公は、オオカミ子供を二人抱えていており、できるだけ一目に触れないところで住みたい、いや住まなければならないのですから。

 この部分について、ちゃんと町の職員も「こんなとこ住むわけないよね、次行こう」ってな具合に「こんな人里離れたところに住むわけない」とツッコミをいれております。

 この映画ちゃんと観客がツッコミいれそうなところをちゃんと映画内でツッコむとともに、それに対してアンサーも用意しているというところが見事だと思います。

 

②  急にいろいろ優しくしてくれるおじちゃんたち

 これも①と同じですが、花が急に農村民たちに受け入れられていく描写はなんともご都合主義的に映るかもしれませんが、これもきちんと映画内でアンサーが出ています。

そう韮崎のおじちゃんですね。韮崎のおじちゃんは農家のなかでのリーダー的存在として描かれています。花に急にいろいろ教えてくれたおじちゃんたちも韮崎のおじちゃんがけしかけたものです。

 実は、この「リーダーに認められると、農村全体で認められる」というのは本当に実際の農村でありえます。

 農村というのは良くも悪くも閉鎖的ですから、リーダーの存在というか、意見は絶対です。たとえ良き理解者が一人いたとしても、リーダーに認められていなければ、打ち解けることができません。その意味で映画はご都合的に見えるかもしれないですが、実は超リアルな描写なのです。

 そのあたり、映画ということで表現の時間が限られており、どうしても花の打ち解けがトントン拍子に見られてしまうのはもったいないところです。花自身も韮崎のおじさんに認められるまでには相応の時間がかかっていることは映画内の時間経過に目を凝らせば理解できます。

 

③ 獣害あるある

 あともう一点、農村全体が、獣害で悩まされているという表現もきちんと描かれていたのがリアルでした。獣害というのは確かに日本全国どこでも被害にあっていると思って良いです。そしてこの獣害こそが、農村部で就農したいと考える若者にとって大きなハードルになっていたりもします。

 その部分も、映画ならではの設定で解決しています。映画ならではというのは、リアルではあり得ない設定です。明示はされていないのですが、雨と雪がするオオカミのオシッコによって獣害を避けることが可能となっているのです。

 そして獣害回避⇨じゃがいも収穫⇨さらに農村で受け入れられるきっかけに!という好循環が出てくるのですね。

 

 そのほかにも農家によってコダワリが違うとか、ひとつひとつが丁寧な描写でかつ物語上の課題解決にロジカルに作用しているので、綺麗ごと臭く無くすっと胸に入ってくるのですね。

 

 はしょられてるけどきちんと花は苦労しており、オオカミコドモという映画ならではの設定で解決しているということを踏まえると、田舎暮らしそんなに甘くないぞ!という批判はあまり当てはまらないのかという気がします。

 

 今回は農村描写ばかりをつらつらと書きましたが、実はこの映画語っても語り尽くせないほど語りたい内容が充実しています。そういう語れる映画が大好きな私にとって、この映画は最高すぎるというわけです。

 

 

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

 

 

 

 

《ドラマにみる食と農》お好み焼きはお好みで 孤独のグルメ第9話レポート

孤独のグルメ第9話レポートです。

 

今回は、机に座り、ご飯を食べようとする井之頭、周りは真っ暗で井之頭と食べ物だけにスポットライトが当たっているというちょっと変わった状態で始まります。

次々と食べ物が井之頭の目の前に現れ、その度にいつもの調子で食べますが、空腹は満たされません。

 

やがて知らない人から、名前を呼ばれ、その名を知られていることに驚き、、、。

 

という、ややミステリアスな始まり方でオープニングへ

 

オープニングが終わると、早速冒頭のシーンの種明かしが始まります。

 結論から言うと、シンプルに夢オチでした笑

あんまりミステリーを先に伸ばさないのが、孤独のグルメらしいですね。

今回は知り合い(得意先)の人が監督している舞台を観劇に来た設定で、途中でウトウトしてしまったのが、冒頭の夢のシーンにつながります。

 

ここで役者の一人が、監督の叱咤によって、逃走します。

後追いしないのが、孤独のグルメ流ですが、劇場を出た後、井之頭はその女優を偶然発見し、なぜかそのまま後をつけます。

 後をつける先々で、買い食いするのは、やっぱり孤独のグルメ流です笑

 

ついに尾行がバレると、一緒に喫茶店へ。

女優は、周りからの評価を気にしすぎてしまうこと、それでプレッシャーになっていたことを告白します。

それに対して、何も気の利いた一言も言えないまま、途中で買い食いしたたこ焼き等を渡してそのまま去ります。

 

そしてそのまま、本日のお店へ。

今回はお好み焼き屋さんです。

鉄板焼きのタコと牡蠣とエビを頼んで、リッチな気分。海の三大看板を頼んでしまったと、心の中で呟きます。

心の呟きの言葉のセンスがいつも良いと感じています。

 

お好みの具材をお好みのやり方で焼く、「お好み」の焼きというコンセプトをいたく気にいる井之頭さんなのでした。

ここで、食事中には珍しく、先程の女優のことを思い出します。

「ああいう時、どう声をかけたら良かったんだろう。」他人に無関心にみえて意外と気になるようです。

 

そこで、一人喫茶店に残された女優が再度登場

します。物思いに耽っていますが、井之頭が置いていったたこ焼きを手につけると、一気に笑顔が戻り、幸せそうな表情をみせます。

それが、井之頭が言っていた「どう声をかけたら良かったんだろう」のアンサーになっていて、孤独のグルメには珍しく、上手い演出になっています。

 

元々、井之頭の食事が始まると、そのエピソードの前半で起こった出来事は一旦忘れさられるのが定石でしたが、今回はエピソードを通じて一貫したストーリーがあったように思えました。

 

ちょっとずつ進化しているように感じた良エピソードでした。

 

 

 

 

《ドラマにみる食と農》男気溢れる一人焼肉孤独のグルメ第8話レポート

孤独のグルメレポート第8話です。

一人焼肉ということでいつもより食事シーンも長く、井之頭の孤独の楽しみが際立ったエピソードとなりました。

 

今回は神奈川県川崎市からです。

 

埠頭に佇む井之頭、工業地帯に立ち並ぶ工場を見て癒されています。そこでもはやお得意ですが、急に空腹に見舞われます。

 

今回も営業シーンは短め、特に困った要望もなく、終わります。そして持て余した時間でドライブです。

井之頭の車は、BMW。車からも井之頭の独身貴族ぶりが伺えます。

 

工場地帯に着くと、その巨大な建造物にうっとり。まるで巨人の内臓みたいだと、詩人になります。

 

内臓からか、空腹に見舞われます。

 

いつもは空腹時、自分は何腹か自問自答しますが、今日は即決で、焼肉です。

工場から漂う漢のイメージから焼肉にしたのでしょうか?

いや、そんなことはどうだっていい、とばかりに井之頭を衝動的に突き動かします。

 

 

しかしながら、いざとなると焼肉さんが決めきることが出来ません。

井之頭曰く焼肉迷子になりかけます。

心の中の造語集は集めてみると面白いかもです。

 

決め手は最初の黄色の看板で赤字で書いた焼肉屋さんとなりました。

入ってみると、そこは一匹狼の巣窟。一人焼肉をしている男たちだらけです。

昔ながらの焼肉コンロが一人一台設置されているカウンターもあります。

こういう、一人焼肉を前提にした飲食店てあるものなのか。。

結構珍しいと思いながら見ていました。

 

焼肉を食べ始めるといつもの調子。

今回は焼肉だけあって、熱が入っています。

食事のシーンが、ゆっくり長めにとられています。焼肉コンロ目線のカメラワークが印象的です。

 

汗をかき、スーツの上着を脱ぎながら、一人黙々と焼肉を食べる。でもそれはとても贅沢で幸せなことです。

 

最後は食べ終わったら、工場地帯で焼肉を食べる男風情について語り、男はみな、外見や取り繕っているものを剥ぎ取ったら、工場だ。と

いう謎の言葉を残して去ります。

 

なんだか男気溢れるエピソードでした笑

 

 

 

 

 

《ドラマにみる食と農》いつもと構成を変えた孤独のグルメ第7話レポート

孤独のグルメ第7話レポートです。

今回の孤独のグルメは、飲食店に入ってメニューを選んでいる状態シーンから、という今までにない始まり方です。

 

どうもメニュー選びに難航しているようです。

井之頭曰く、「メニューの森に迷い込んだ。」

 

そしてここでオープニングです。

 

オープニングが終わると、遡ること数時間のテロップが入り、井之頭が街をふらつくシーンになります。

なるほどこれで、いつもの孤独のグルメかな、と思いきや、せっかく吉祥寺に来たからと言って、商店街の精肉店名物(?)のメンチカツに。

しかしながら、メンチカツは販売しておらず、別のコロッケなどのメニューの選択を迫られます。

迷ったため、一旦店を離れます。

さんざん迷いますが、こんなときは両方だ!と決めたはいいが、すでに店には列が。

どうやら今回は選ぶのに迷うがテーマの回なのかな、と思わされます。

 

 一応いつもの営業シーンもありますが、短めです。

結局メンチカツに並んだため、約束の時間に遅れた上、その場で食べ始める井之頭。

食べることに集中し、全くお客さんの声が聞こえない。挙句に、店を出た後には、打ち合わせ前に「カツを買うために遅れたな、しょうがない奴だなぁ。」と言われたことに対して、「なんだかんだ言って、結局お前も(お客さん)食べてんじゃん。」と全く悪びれずに独りごちる。

いつもより短い営業シーンでしたが、畳み掛けるような井之頭さんのボケで楽しかったです。

 

その後も、迷いに関するエピソードとして、商店街の占い師に「迷いが顔に出ている」

と呼び止められ、今日の昼食で悩んでいると言うと怒られる。というくだりが挟まれます。

 

 

さて、いよいよ店選びもようやく決まり、今回はお酒も食事も喫茶店も兼ねたような店に入ります。冒頭のシーンとはここで繋がります。

悩んだ挙句、昔ながらのスパゲティ・ナポリタン。

セットメニューでポーク・ジンジャーに決めかけたところ、あとから入ってきた客も注文したため、ハンバーグに変更。(別にポークジンジャーでも良いと思うんだけどな)

あとは割といつもの感じで進みました。

 

悩みがテーマであり、最初の構成を変えてきたものの、そこまで深堀がなかったかな、という印象。

でも凝りすぎない作りが本シリーズでの魅力でもあります。

 

 

孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 

 

 

 

 

 

 

《ドラマにみる食と農》パターンセリフが面白い孤独のグルメ第6話レポート

 

今回の孤独のグルメもなんだかウェット。

舞台は鷺宮です。

お決まり通りまずは、仕事の営業シーンから。

営業先に向かう道中、二人の主婦の話を耳にします。

「馬を水飲み場に連れていくことは出来るけど、水を飲ませることは出来ないのよね。」

何かの話のたとえ話ですが、それを聞き、不自然に脳内で繰り返す井之頭。

このセリフが、何か今回のキーワードになっているのでしょうか。

 

今回の営業は美容院(?)の店舗の改装のコーディネート。

例によって、無茶苦茶の要求に困惑するところから始まります。

終始おばさんのペースに飲み込まれてしまいます。

「私たちお客さんの頭(髪)のケアは出来ても、心のケアまでは出来ない」

それを聞いた井之頭は「馬を水飲み場に連れていくことは出来るけど、水を飲ませることは出来ないのよね。」をフラッシュバックします。

 

今回のエピソードは、◯◯出来るけど、◯◯出来ないの羅列なのか!?

 

打ち合わせを終え、店を出ると今度は、鷺宮に降りたもう一つの理由である旧友に会いに行きます。

ここで旧友との回想シーンに。どうやら、旧友とは貿易商仲間のようです。

旧友を演じるのは、田中要次さん。

本シリーズでは、有名俳優が出ることが少ないけれど、きっとこの方もこの一話のみの登場なんだろうなぁ。

 

現在に戻り、いよいよ、仲間の元へ。

そこには、回想シーンの姿とは全く違う女装姿の旧友がありました。

「こうなったか。」

普段リアクションの薄い井之頭も、これにはびっくりした様子です。

今は、貿易商からは手を引いた様子の旧友。

見た目のインパクトからか、話の内容を覚えていないですが、少しの会話の後、妖しくて、艶っぽい雰囲気に。

もう行かなければ、と去ろうとする井之頭の背中に、そっと顔をつける旧友。

秘めた想いを持っているようです。

そして、本エピソードの決めゼリフがここで登場。「人を愛することは出来るけど、子供を産むことは出来ない」。

 

結構、井之頭ってモテる男なんだな、って思います。至る所で、人を恋に落とさせてきたのかなって。でもあの通り、孤独と自由を何より大切にする井之頭ですから、この場でもそのまま店を出ます。

 

今回も、このウェットな展開など無かったかのように、飲食店へ向かいます。

看板の可愛い豚の絵が印象的なトンカツ屋さん。

常連さんがいっぱいいる感じのこじんまりしたお店です。

チキンカツとトンカツで悩み、迷ったときはミックスカツを頼んでしまうことに共感。

他の客の薦めで、にんにくロース焼きも頼んでしまうところが毎度大食漢の井之頭です。

いつにも増して美味しそうに食べる様子でした。

今回やたら、他の客からの『井之頭さんが飲めないイジリ』があるな、と思っていたら、全て食べ終わって、満足、満腹の状態で店外へ出た時。

「飲めなくても、(子供も)産めなくてもいいじゃないか、鷺宮

と残して上機嫌に街を去ります。

うーん、適当ですね笑

 

孤独のグルメ Blu-ray BOX

孤独のグルメ Blu-ray BOX

 

 

 

《映画にみる食と農》前向きでロードムービーのような社会派ドキュメンタリー「TOMORROW パーマネントライフを探して」

前向きでロードムービーのような社会派ドキュメンタリー

 

気候変動、人口爆発、グローバリゼーション。

私たちの地球環境を取り巻く状況はよいとは言えない。

21人の科学者グループが、2012年に科学誌「ネイチャー」に将来に対して悲観的な予測を立てました。このままのライフスタイルを続ければ、人類は滅亡するというものです。

この記事をきっかけに、女優のメラニー・ロランと活動家のシリルディオンの共同監督により、映画化され、フランスで大ヒットを遂げたドキュメンタリー映画が、「パーマネントライフを探して」です。

 

農業、エネルギー、経済、民主主義、教育の五つのテーマで、持続可能な社会に向けて取り組んでいる人・場所を訪れ、話を聞いていきます。

 

映画は、監督たちのトークナレーションによって進められます。シーンとシーンの間に、軽快な音楽と次の行き先に向かう道中のシーンが挟まれるので、社会派のドキュメンタリーでありながら、感覚としてはロードムービーに近い見心地で、最後には晴れやかな気持ちになれました。

 

この手のドキュメンタリーにありがちな、いたずらに現状の危機だけを煽るのでなく、明るい未来に向けて実践的に活動している人たちを紹介しているので、希望に満ちていて、前向きです。

 

農業がテーマの第1章

 ここでは映画にみる食と農ということで、特に第1章で取り上げられた農業について語りたいと思います。

 

まずはアメリカ、デトロイト

デトロイトは、かつては自動車産業の一大拠点として、ピーク時の人口200万人を誇る大都市でしたが、自動車産業の凋落により、みるみる人口流出が進み、今や人口70万人となっている都市です。さすが、アメリカ衰退もスケールが違います。

日本でも夕張のような事例もあるから他人事ではありません。

matome.naver.jp

 

荒廃したデトロイトの風景は、映画でも度々取り上げられています。

ドント・ブリーズの舞台もデトロイトでしたね。街全体を覆うおどろおどろしい雰囲気が印象に残っています。

 

そんなデトロイトの地で都市農業の取り組みが盛んに行われているとのことです。

荒廃が進み、スーパーマーケットも撤退したデトロイトでは、新鮮な野菜が手に入りづらくなった、と。

そこで、都市農地や未開拓の土地を活用して、自ら野菜栽培し、自給自足の生活を目指すアーバンファームの活動が盛んになったのです。

どれだけ、荒廃し、貧しくなったとしても、食またそれを支える農というのは、人間の根源的活動な気がします。

 

続いてはイギリスの、インクレディブル・エディブルの事例です。

これも市民が、生活の中に農業を取り入れる都市農業の形と言えます。

街中の公共の地に野菜をどんどん植えて、共有する。それが警察であっても。そんな取り組みです。

「食べるなら参加」をモットーに、街中の誰もが菜園に親しむ。これも都市と農業の良好な関係づくりという事例と言えます。

 

 

効率性重視の有機栽培の取組

最後はフランスのル・ベック・エルアンでのパーマカルチャーの取り組みです。

これは近代の工業型農業へのアンチテーゼとして紹介されています。

面白いのは、はじめに小さい農業が大規模な工業型農業よりも生産効率が高い、と言い方がされていることです。

 それは如何にか。と思っていると、なるほど、パーマカルチャーとは自然に近い形での農業でありながら、徹底的に土地効率も追求していること。

その事例として紹介されているのが、屋根で葡萄を育て、その下にトマト、一番下は、日陰でも育つバジルを育てる。平面でなく、立体的にも効率性を重視しているのです。

一見、効率性とは無縁にも思える有機栽培。このような土地効率や農薬・化学肥料不使用によるコスト削減など、有機栽培を単に思想的なものとして捉えず、経営形態として成り立つモデルとして紹介されていることに一番関心しました。

 

ただ、違和感を感じた部分もあります。

印象的だったのは、穀物の批判もされていたことでした。その取り組みでは、野菜だけでなく、「森の庭」として様々な果実が実る庭を作っていました。動物は本来、穀物の力なしでも自然の恵みだけで生きてきた。と言うのです。

ここについては、言っていることは分からなくもないけど、もともと動物は飢餓状態で常に食べ物を探すことを優先した生活をしています。穀物を農業で導入することで、カロリー効率を向上させることができた結果、様々な知恵や技術、思想を身につけることが出来たと思うので、その穀物批判は当てはまらないかな、と感じました。

 

 

生活、社会の基本としての農業

農業をテーマに紹介されたのは以上ですが、そのほかの取り組みでも農業が度々取り上げられます。

例えば、エネルギーに着目した第2章では、温室の屋根を利用した太陽光発電で温室での野菜栽培を行いながら、屋根でエネルギーを生む。

 

このように持続可能な社会を考える時に、食そして農というのは、生活ひいては社会全体の基本となる感じさせられました。

 

農業の役割というのは、単なる食糧生産でもない、産業でもない、もう少し幅広い役割があるのではないか、と改めて考えるきっかけとなった良い映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《ドラマにみる食と農》何もかもうまくいかない日は 孤独のグルメ第5話レポート

何もかもうまくいかない日が誰にだってあります。

仕事のキャンセルに次ぐ、キャンセル。取引先からは怒られる。

気分晴らしに旧友と会ってご飯にあう約束をしても、土壇場でキャンセル。

 

そんな井之頭が向かうのは、本当に昔ながらの釣り堀。

そこでもうまく釣れません。

そこで登場するのが、もう一人の釣り人。このキャラがとにかく今回の中心的存在です。

井之頭に対して、「そんなに焦っていたら魚ななんて釣れはしない(要約)」とのダメ出し。この時点ではただのお節介なおじさんでした。

 

その後、釣り堀に併設の食堂に入ります。

すると、先ほどのおじさんがすでに一杯やりながら、席に座っています。

「釣りっていうのはな、魚を引っ掛けるという気持ちではいけない。(以下略)」

なるほど今回は、何もかも分かったようなおじさんが、何もかもうまくいかない井之頭を導くメンターのような役割なのか、と。

しかしながら、ここは孤独のグルメ。微妙にズレた発言のおじさんのコメントがクスリと面白いし、井之頭もあまり意に介さず食事を続けます。

真骨頂は、店員から「引っ掛けるじゃなかったらなんて言えばいいの?」とツッコミを入れられ、はぐらかすおじさん。このあたりはいつもよりも明確に意図されたコメディとなっていました。

 

肝心のご飯は、親子丼と焼きうどん、締めのデザートにおしるこ。

よほどお腹が減っていたのか笑

最後には自分でも「お米にうどん、おまけに持ちまでついた、とんだ炭水化物祭り」

とセルフツッコミ。

 孤独のグルメは、真面目そうな井之頭がたまに繰り出すギャグみたいなツッコミが魅力ですよね。

 

いつも以上に客との関係性を前に出したエピソードでした。

 

 

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)