三児の父はスキマ時間でカルチャーライフ フロム京都

三児 レイ アスカ シンジを育てながら、スキマ時間でカルチャー情報を発信。働き方改革時代の心豊かな生活をお届けします。

アベンジャーズ エンドゲーム。他シリーズが到達し得ない神話の領域へ。その魅力を3000回ならぬ3000文字で伝えます。

インフィニティ・ウォー公開以来誰もが待ち望んだシリーズ最終作。

期待が膨らみすぎて、正直上映中も先を観るのが怖くなるほど、不安も大きかったです。

ただ、最後まで観て、本作はただの一本の映画ではない。11年続いたマーベル映画の集大成だという事実を思い出し、その意味では、本作は控えめに言って百点満点。過去11年の蓄積を最大限に活かした大傑作。他のシリーズが決して到達することの出来ない完成度、いや完成度なんて指標で語りたくない神作品となっていたのです。

マーベルありがとう!しばらくロスになりそう。グッズとか興味なかった自分が、ハマってしまいそうなぐらいに。

 

それでは、

以下モロにネタバレでいかに神作品かを語ります。

 

異様なテンポの良さと驚きの展開に震える序盤

ホークアイが、家族とむつまじく過ごすシーンから。弓矢の方法を教える姿が愛おしい。けど、絶対嫌な予感しかしないオープニング。で、やっぱりそうなるよね、という展開。

場面変わってトニーとネビュラ。いきなり窮地に立たされてびっくりだけど、これまたいきなりキャプテン・マーベル登場でアガる。

そして、生き残り組が揃った後、そのままサノスを倒しに行こう!

って展開早くね!?

上映時間181分で、もうサノス倒しに行くとか早くね!?これでいきなり予測不能に。

そんな息つく間も無く、サノスの惑星に着くと、サノスは完全に出家してて、ほとんど抵抗されることなく、あっさり殺してしまうというこれまたびっくりな展開。

サノスを倒すことが何の解決にもならないという絶望とどちらかというと無抵抗なサノスを殺してしまった胸くその悪さのみが残ります。

 

タイムトラベルネタで不安になる中盤

物語は5年後まで進み、ここからは少し不安になるポイントが続きます。

ほとんど説明もなく現代に戻ってくるスコットラング。タイムトラベルを提案し、また提案を受けたトニーも割とあっさりとタイムトラベルの理論を確立してしまいます。これには流石に御都合主義では、との懸念は膨らみます。

でも今から思えば、繰り返し過去の映画ネタでタイムトラベルの説明があったので、製作陣も折り込み済みなのと、その後の神展開を踏まえると、もう生意気なこと言ってすみませんって気持ちになります。

 

そしてこのあたりから、コメディな展開が増えます。特に、ソーが、引きこもりの酒びたりでフォートナイトしてるとか、誰が予測できるでしょう。劇場でもこのあたりが一番受けてたかも。

コメディとシリアスのバランスが良いのもプラスに働きながら、それぞれの作品世界のテンションが損なわれてないのがすごいです。

 

感情が情報に追いつかないタイムトリップ

もう、このあたりからは書くことが多すぎてどうしよう。とにかく最高!マーベル愛に溢れたシーンが多すぎて、感情に 情報が全く追いつかない汗

なんといっても、タイムトラベル。タイムトラベル批判的に思ったことを悔いるほどの神展開がここで登場します。過去に戻ってサノスを倒すのでなく、過去に戻ってインフィニティ・ストーンを手に入れ、失われた命を取り戻す。単に過去に戻るのでなく、それぞれインフィニティストーンが登場した過去の作品世界へ戻る。つまりマーベル映画歴史を振り返る展開となるのです。ファン垂涎のシーンが満載です。

イチオシはウィンターソルジャーのエレベーターでの名アクションシーンのオマージュ。「ヒドラ万歳」でピンチを切り抜けるとか上手く出来すぎていて泣けます。

あとはガーディアンズオブギャラクシー、あのオープニングをもう一回こんな形で観られるなんてまじ震えるし、笑えます。

トニーとハワードの邂逅は言うに及ばずでしょう。そう、今回のアベンジャーズは、トニースタークの物語でした。アベンジャーズの集大成でありながら、きっちりと個々人の物語を完成させているのは完成度を高める一因になってます。

 

大団円の終盤

そしてサノスとの最終決戦。

アイアンマン、キャップ、ソー VS サノス。今から思えばこれがIWでは見れなかったけど、本作では描かれます。サノスやっぱり強かった。肉弾戦でボコボコにしている感じ、強さがちゃんと伝わりました。特に、キャップの盾破壊がサノスの強さを表しています。

そしてピンチに登場する、ストレンジたちからのアベンジャーズ アッセンブル!失禁モノです。

言われてみれば、シビル ウォー以降ずっとアベンジャーズはバラバラでした。続々と集まるヒーロー達に胸が震える歴史に名を残す名シーンです。

最終決戦も、あくまでサノスとの対決でなく、インフィニティガントレットの争奪に焦点が絞られます。そのため、各ヒーローの見せ場がちゃんと分かりやすく用意してあって、すばらしかった。

キャプテンマーベルの取り扱いも最高でした。

マーベルに美味しいところで活躍させる一方でマーベル頼みにしていないところに好感持てます。サノスがマーベルをパワーストーン使って追い払うという理屈もうまく演出されていました。

ストレンジ、アイアンマンのアイコンタクトからのシーンにも震えました。後半はもう、震えすぎて常に震度1です。

アイアンマンのあのラストセリフは完璧でしょう。アイアンマンの指パッチンには批判的な記事も見かけましたが、個人的にはむしろ正解だと思います。なぜなら、あの指パッチンのガントレットは、アイアンマンが作ったものだから。

自分でガジェットを作ると言うのはアイアンマンシリーズでずっと描かれてきたことです。最後自分で作ったガントレットでインフィニティストーン、こんな美しい終わり方あるでしょうか?

サノスの大義に対して、あくまでサノスを倒すことでなく、失われた命を取り戻すこと。

そのことにヒーローが動くということで、あんな舞台立てでありながら、うまく力と力のぶつかり合いを避けています。

 

涙なしにみられないエピローグで神話へ

もうここからは、涙なしでは見れなかったです。トニースタークの葬式シーン。関わった人たちを順番に映していくカメラワークがまず最高。もうアイアンマンの死を悼むと同時に役者トニースタークの卒業式にも感じられました。フィクションと現実の状況が重なったイメージ。また、キャップ周りの話も良かった。最後キャップに自分の人生を生きさせたのは感慨深かった。キャップ幸せになって良かった。こんなヒーロー映画あります?個人の物語の帰結を描く、最高の終わり方でしたね。

 

これでも語りきれてませんが、作品を通した殴り書きとも言える感想でした。

本当に、マーベル映画11年の積み重ねがなければ、なし得なかった。いや積み重ねがあったとしても、それをもはや歴史とも言うべき「過去作品」に焦点を当てることで、他シリーズにはみられない比類なき大団円を達成していると思います。しかも単なる回想シーンでなく、過去の物語をそのまま構成により取り込むことで、過去作品の伏線を回収する。見事です。

 

ここまでの完成度は、後にも先にも無いような気がします。ドラマシリーズですら、難しいのでは。リアルタイムでこの傑作に遭遇できたことに感謝感激です。

 

本作を観ることで過去作品をもう一度振り返りたくなる。ディズニーデラックス登録する人が多くなりそうです。

 

MCUよ、本当にありがとう!

アベンジャーズ (字幕版)

 

特報が一番面白かったヴェノム

思えば、特報を観た時が一番ゾクゾクしたかもしれない。

マーベル史上最凶の悪、いわばヴィランが主人公。どんな物語が語られるのだろうかと。

ホラー映画のような映像センスと主演はトム・ハーディで期待は膨らむばかりでしたが、蓋を開けてみれば、わりとなんてことのないヒーロー映画で、悪い方の意味で予想を裏切られました。

予告を見る限り、「悪=ヴェノム」に寄生される過程、寄生された「悪」をどうコントロールするのか?が物語の焦点になるかなって思いながら鑑賞しました。

前者は、わりと最序盤で寄生体そのものの姿、寄生される瞬間、寄生されたら宿主がどうなるかが、主人公以外の登場人物でわりと直接的に表現されるし、そのせいで肝心の主人公のエディ・ブロックが寄生された時のシーンやMRIシーンに緊張感がありません。

後者も、ヴェノムに寄生されることで、どれだけ悪いことになるのかと思ったら、他の人のご飯を食べるくらいで、大して「悪」じゃないどころか、急にバディムービー化していくからびっくりです。

いや、バディムービーそれ自体が悪くないけど、「どうしてそうなった!?」と、バディになるプロセスもよく分からないまま物語も終盤になるから、本当だったら迫力のあるアクションも何となくシラけてしまう結果に。

ストーリー自体もあまりのれるものじゃなく、MRIのシーンやヴェノムそのものの映像表現は楽しかっただけに惜しい感じの映画になってしまったなって感じです。

 

これだったら、MCUとがっつり絡めた方が、他作品との関係性やキャラそのものを楽しめる映画になってたかもしれないと思いました。

 

ヴェノム (字幕版)

 

ミスター・ガラスはシャマラン印の大感動作でした。

待望のエム・ ナイト・シャマラン監督の最新酒。

シャマラン監督作品はエア・ベンダー(黒歴史)以外は、視聴してます。

 

前作「スプリット」でのラストでは、アンブレイカブルと世界が繋がっているというまさかの展開でびっくり。

さらに、エンドロール後の続編展開にびっくり。

半分冗談なんじゃないかと思える企画に思わず、吹き出してしまうほどです。

 

正直これ出オチじゃね?っていう感覚は否めなくて、期待と不安で言ったら、不安多めで観に行きました。

 

ところがどっこい、蓋を開けてみればアンブレイカブルとスプリットの世界観を二重三重に重厚にし、三部作として見事に完成させた傑作となっていました。

アンブレイカブルが発表されて19年、その間、たくさんのアメコミ原作のヒーロー映画が制作され、大ヒットを飛ばしてきました。そんな中、アンブレイカブルで提示された価値観を再評価するような形で、再び新鮮な驚きを与えながら「ヒーローとは何か?」を映像化している点。これまさに奇跡です。

 

興味深いのは、アンブレイカブルヴィランとして描かれたイライジャが、今回もヴィランでありながら、感情移入させられる作りになっているところです。

 

ヒーローの存在の肯定という一点において、イライジャの信念が伝えられていくあのラストは感動的でした。

半分バカにして観にいった私が思いのほか泣いてしまうことになるなんて。

 

もちろん、シャマラン印のドンデン返しには驚かせられますし。しかも、ファンサービスとも言えるぐらい、続編であるという設定を活かした良いドンデン返しでした。

 

ダンの正義演出。スーパーパンチマンを倒す時の、敵なのか味方なのか分からないくらいのホラーっぽい演出に震えました。

マカヴォイ七変化は、強制人格変更フラッシュの登場でさらに磨きがかかりました。

ステイプル医師はいい雰囲気出してました。

そしてイライジャはかっこ良すぎる。 

 

こういった映画のディテールももちろん楽しめますが、やっぱり一番の魅力はこの映画自体が持っている志のようなものです。

 

シャマラン恐るべしです。

 

ポスター/スチール写真 A4 パターン6 ミスター・ガラス 光沢プリント

 

 

 

ザ・プレデター 異星人への畏怖が無くなったプレデター

プレデターといえば、八十年代のSFアクションの代表作で、昔はテレビでも繰り返し放映されていました。

2018年に公開された「ザ・プレデター」はリブート作品かなって思ったら一応過去作の続編にあたる作品ということです。プレデターの存在は政府機関レベルでは認知されていて、過去にプレデターの襲来があったということが劇中の会話で登場します。

 

 

今回のザ・プレデターはブラックユーモアなギャグセンスは秀逸ながら、プレデターの世界観との食い合わせが悪いなって感じてます。

主人公チームのキャラが濃くて、プレデターおいてけぼりですし。

そしてそして、どうしても1作目と比べてしまいますよね。

 

 

 

キャスト

監督 シェーン・ブラック

近作では、アイアンマン3。 ナイスガイズ。の監督

過去作品の評価は高いし、私も大好きです。

 

主演 ボイド・ホルブルック

ローガン の敵役。ゴーン・ガールにも出てたようですが、あまり覚えがないです。

 

ジェイコブ・トレンブレイ

絶賛売り出し中の子役ですが、ルーム、ワンダー君は太陽と来て、次がザ・プレデターって笑

 

トレヴァンテ・ローズ

ならずものチームのリーダー格。ネブラスカ

こちらもムーンライトの次がこの役って笑。でもいい男。

 

 

 

一作目のプレデターを振りかえり

言わずと知れた八十年代SFアクションの名作。

アーノルドシュワルツェネッガーが主演のプレデターとは、

米軍特殊チーム

ジャングルという舞台設定

狩り狩られる関係

異星人

武士道

という異質な要素が組み合わさった新鮮で独特な魅力をもった作品でした。

何より、その要素がシンプルな筋立てに収まってるのが面白く感じました。敵地到着、作戦遂行、プレデター登場、あとは追われながら戦う。つまり狩り・狩られるの関係のなかでお話が進むのです。

 

終盤の筋肉米軍シュワちゃんと醜い異性人との肉弾タイマンは今も心に残っています。

 

プレデター(字幕版)

プレデター(字幕版)

 

 

 

まとまりの悪い「ザ・プレデターズ」

要素という意味では今回のザ・プレデターも負けてはいません。

 

ちょっとクレイジーな女性博士

研究機関

プレデター

より大きなプレデター

ならずものチーム

親子関係

米国の陰謀みたいな物の示唆されているし、主人公の家族関係も描かれるなど全体的にスケールアップした感じがあります。

ですが一方、これらの要素が少しごちゃごちゃして、まとまりの悪い作品になっています。

 

 

でも全般にギャグセンスは良かった。

残酷描写もそのギャグセンスで挽回しています。切断された腕を使ったギャグには思わず笑ってしまいましたし。

 

一作目ファンが喜ぶ小ネタも散りばめられていました。プレデターの事を、シュワちゃんは醜いって言ったのに対して、今作の博士は美しいって言ったり。プレデターは捕食者だから、プレデターじゃないじゃんっていう、メタ的なツッコミ。

 

一番の不満点は人間的になったプレデター

一番の不満点は、プレデター自身の魅力に欠けるかなってことです。

一作目の神聖というか異形のものとしての雰囲気がなくなって、ただ単に強いだけになっています。人間を次々と殺していくのですが、恐ろしさの部分に欠けます。

ならずものチームが死んでいくシーンはあるものの、淡白だしプレデターに狩られる恐怖がだいぶ損なわれていると思います。

 

 

一作目と比べるとやっぱり見劣りしますが、昔懐かしのアクション映画として、難しいこと考えずに楽しめば面白いかもしれません。

 

ザ・プレデター (字幕版)

ザ・プレデター (字幕版)

 

 

 

アウトプット育児 同じ素材で姉妹で差が出るのが面白い。

漫画やアニメといった、インプット育児ではなく、子供の創造性を働かせるためのアウトプット育児。

 

今日は、画用紙でお家をつくります。

ハサミで切って窓をつくるのがポイント。

 

レイちゃんは3階建てに仕上げました。

つい手を出したくなりますが、大体自分でやります。

 

各階ごとに家族を書いてます。

一階はお父さんと

二階はレイちゃん

3階はお母さんとアスカ

男女で色を描きわけるなど工夫がみられます。

 

最後ストーリーまで聞かせてくれました。

アウトプット育児としては最高。

 

 

一方のアスカは窓をつくるというより、ハサミで切り刻む。切りきらないところに、窓をつくる過程をよく観察できると思うところでもある。

 

これがなんなのか、分からないけど、本人は楽しそう。

同じ素材を与えたときの反応の差というのが、アウトプット育児の方がより顕著。

 

プーと大人になった僕 プーさんの言葉がいちいち説教のように刺さる良作

あのディズニーの大人気キャラクター「くまのプーさん」が実写化。しかもクリストファー・ロビンが大人になってます。

攻めた設定と思ったけど、プーさんを子供の頃楽しんだ世代のほとんどが今や大人なわけで。

マーケティングです。

てなわけで、ディズニー映画でプーさんと言いながら完全に大人に向けた作品となっています。

流石に大人になったクリストファー・ロビンをアニメで表現できないからの実写化でしょうか。

 

 

キャスト

監督 マーク・フォースター

ワールド ウォーZ

007 慰めの報酬

全然ジャンル違いの映画ですが、今回はディズニー映画。ワールド ウォーZは積み上がるゾンビシーンが印象的で好きな映画です。

 

主演 ユアン マクレガー(クリストファー・ロビン

トレイン・スポッティングやスターウォーズ プリクエルのオビワン・ケノービ役ですね。

 

出演 ヘイリー・アトウェル(イヴリン・ロビン)

マーベル映画「キャプテン・アメリカ」のヒロイン ペギー・カーターでした。(調べるまで気づかなかった。)

 

原作に倣って吹替で視聴

 

原作アニメを吹替で視聴していたのと、吹替のあのプーさんの声の方が自分にとっては馴染みがあるので、今回も吹替版で視聴。

そういう意味で原作と吹き替え声優が同じなのは嬉しい。

ナレーションのあの声が懐かしすぎます。

 

クリストファーロビンの堺雅人の声ははじめ違和感。暗い現実パート、もう少し渋めの声のがあってるかな。

プーが出てきたあたりから、あ、これはおとぎの話だったと気づき、ハイトーンボイスもありかも、と途中から慣れました。

 

 

くまのプーさん (吹替版)

くまのプーさん (吹替版)

 

 

 

現実社会と100エーカーの森

プーさんの実写化といっておりますが、本作の原題は「Christopher Robin」。

そうプーさんではなく、クリストファー・ロビンの物語なんですね。

 

クリストファー・ロビンは大人になると、プーさんたちと立場が逆転しているように見えたのが、面白かったです。

 

人間達からしたら可笑しな言動ばかりの100エーカーの森の動物たち。

原作では、はちゃめちゃなことを言うプーさんに対して、クリストファー・ロビンが普通にみえる。

 

 

逆に、本作では、プーさんの発言がまともに聞こえる。プーさんからしたらこの現実社会こそがおとぎの世界なのです。

 

プーさんたちのキャラの魅力やあの原作のナンセンスで可愛い世界観が、ロンドンの暗い厳しい現実との対比でとても身につまされる。

クリストファー・ロビン100エーカーの森に迷い込んだ時の雰囲気、あの原作世界のテンションになった時にはホッとした気持ちになりました。これこれ、これがプーさんですよ、と。

 

 

仕事って何?

何でそんなに大切なの?

身内から言われると腹が立つような言葉も、

プーさんに言われると、諭されてる感がハンパない。

 

グサグサと痛いと部分を、無意識に刺してくるプーさんは、救いであり、悪魔的でもある。まさに劇薬。

 

 

「何もしない」が出来なくなった大人が「何もしない」ことの大切さを思い出す。強烈なノスタルジー映画でした。

 

プーさんとの別れが見たかった

 

物語はちょっとご都合主義的にも思えます。ディズニー映画だし、しょうがない気もしますが。

でも原作でもクリストファー・ロビンとプーさんの別れを描いたんだから、本作でも別れを描いて欲しかったなぁ。今回プーさんはクリストファーにとってのドラえもんなのだから、役目を終えたら戻るというところまで描いた方が、物語としては締まります。

 

それでも起承転結がうまくまとまった良作でした。原作プーさんは見なくても良いけど、見た方が楽しめるかな。やっぱりプーさんに思い入れがあればあるほど楽しめると思います。

 

プーと大人になった僕 (字幕版)
 

 

アウトプット育児はじめました

育児と趣味や仕事との両立って一番大変ですよね。

最近、面倒見の悪い育児が、子どもの発達にも良い影響が期待できるし、しかもそれがスキマ時間作りにも有効だとわかってきました。

 

本ブログは、3児の育児をしながら、カルチャーライフを楽しみ、それを発信するということを頑張っています。

 

ですからなるべくスキマ時間を作って、読書や映画を楽しんだり、ブログを書いたりしています。

でもスキマ時間を作るとなるとどうしても、スマホやテレビに頼ってしまいがちです。特にスマホのhulu動画をテレビにキャストするやり方はかなりスキマ時間を作れます。

と、同時になんとなく子供とのふれあいという点で疑問や罪悪感もわきます。

 

だからと行って、トランプとか積み木とか、親が一緒にいないと遊んでくれないおもちゃはスキマ時間を生むには効率が悪いです。

 

実はそれが誤解でした。

というより、一見面倒見が悪いように見えても、きちんと助走を親としてあげると子供は勝手に遊びます。

 

今回遊んだのはこの本。

「3・4・5歳児の楽しく絵を描く実践ライブ」

 

3・4・5歳児の楽しく絵を描く実践ライブ (保カリBOOKS)

3・4・5歳児の楽しく絵を描く実践ライブ (保カリBOOKS)

 

 

絵遊びを集めたこの本で、お絵かきリュックサックを作ってみました。

用意したのは、色画用紙とスズランテープ。

あらかじめ、こちらでリュック型に切った色紙に、カバンのデザインやピクニックのお弁当を子供に自由に書かさせるのです。

 

 

 

 

いたく子供も気に入って、作り終わった後も、ごっこ遊びにいそしんでいます。

下の写真は、ピクニックごっこ

 

 

準備こそ大変でしたが、1時間以上はこの遊びを楽しんでくれました。

huluでアンパンマンを見せても20、30分のことですからこの効果は絶大です。

しかもこれで、子供の創造性も育めるのですから。

しかしながら、親の「リュックに何を入れていくの?」と言ったトリガーとなる補助が必要になることをもう申し添えます。

 

こういった面倒見の悪い育児をアウトプット育児として、日々の子供とのコミュニケーションやスキマ時間作りにも活用していきたいですね。